二の腕ニキビを治すには

二の腕にニキビが沢山出来ることは稀です。ですので、二の腕のブツブツはニキビと思わない方が良いでしょう。

二の腕に出来るブツブツの原因の大半は毛孔性苔癬(もうこうせいたいはん)です。こちらはニキビとは原因が違います。まずそれをしっかりと覚えておきましょう。

 

二の腕ぶつぶつ治し方

毛孔性苔癬を治したいときはどうするか…。まず毛孔性苔癬は健康上それほど被害をもたらすものではないので、治療を要するものではありません。ですが、気になりますよね。特に夏の間は、かなり気になります。そんな時は角質の異常である毛孔性苔癬の治療を試みましょう。角質の異常が原因ですから、角質の除去が有効とされています。オイルなどを塗って食品用のラップを巻いて少し時間を置き、その後にスポンジなどを使って優しく擦る方法が有効とされています。またサリチル酸軟膏を塗るのも有効とされています。ですがこちらの方法の場合は肌への刺激が強いそうで、この軟膏を使う場合は注意が必要です。

 

このように毛孔性苔癬の治療の仕方とニキビの治療の仕方は全く違います。二の腕にブツブツが出来たから。。といってニキビ軟膏を塗らないように気を付けましょう。またその箇所を触り過ぎるのにも要注意です。

 

毛孔性苔癬は思春期を迎えるまでの子供に多くできるそうです。二の腕のブツブツが気になって20代を過ぎて、30代を迎えて…としているうちに自然に治っていくことも多いそう。年齢を重ねていくと肌も成熟するのかもしれません。若いうちに二の腕にブツブツがあったとしても特別な治療をしなくても30代頃には自然と治っていくものですので、焦ってすぐに治療しなくても大丈夫です。毛孔性苔癬は良性の皮膚疾患とされていますので焦りは禁物です。

 

ちなみに毛孔性苔癬は二の腕だけでなく臀部などにも出来ることがあるようです。こちらも二の腕の毛孔性苔癬と同様に時間の経過とともに症状が治まることが多いそうですよ。焦って治療しなければ・・と思わないようにしましょうね!

シミとそばかすの違い

シミとソバカスの違いが何であるか、もう知っている方も多いでしょう。

簡単に言うとシミとソバカスの違いは肌の組織の中で出来る場所が違います。そばかすもシミも肌の組織の中にメラニン色素が溜まって、それが黒く見えることで出来ます。でもシミの方がそばかすよりも後に出来ることが多い。シミとそばかすを比べるとシミの方が肌の表面に近いところで出来ます。そばかすは肌の組織の奥の方に出来ます。ですから肌の新陳代謝を考えた時に薄いシミの方が消えやすい、と言われるのはそのためです。

ちなみにほくろも同じような感じで、肌の組織の中のどの部分にメラニン色素がたまるか、によってシミと呼ばれるか、ほくろと呼ばれるか、それともそばかすと呼ばれるか…と言い分けられるのです。

 

シミもそばかすもそのどちらも出来ると女性が嫌なものです。

どちらも美しい肌の条件を考えた時にマイナスに働くからです。でもどちらかというとそばかすの方が歓迎されているかもしれません…。そばかすが可愛い…なんて言っていた時代もありましたっけ!?

 

そばかすが生まれつき出来ると肌のプログラムされていることが多いようです。遺伝的なものでそばかすが出来てしまう肌質の方がいらっしゃいます。家族にそばかすがある家系に生まれると、そのお子さんもそばかすが出やすい肌質になります。これを防ぐためにはメラニン色素をうまく体外に排出できるようにするしかありません。健康的な肌の場合はそれが可能ですが、加齢やストレスなどで肌の新陳代謝がうまくいかない時はメラニン色素が肌に残ってしまい、シミなどの原因になってしまいます。

シミとそばかすの違いを見分ける方法ですが、一番その両方共の症状が出やすい鼻から頬骨にかけての部分に注目した時に、鼻筋に跨いで黒い点々があるのはそばかすの場合が多いです。シミの場合は一か所に集中していることが多いようです。

 

シミやそばかすと同じように考えられているのが肝斑です。

妊娠や加齢を気に肝斑を発生される方はたくさんいらっしゃいます。こちらは治療可能な皮膚疾患です。肝斑はそばかすに似ています。また薄いシミのように目の下に広範囲にわたって影として表れることもあります。肝斑が出来てしまったように感じる場合は皮膚科を受診しましょう。保険適用の薬を処方してもらえる場合がありますから!

日焼けをしていいのは10代まで

あなたが今10代なら日焼けをしてもシミやソバカスにはなりにくいでしょう。でもあなたの年齢が20代以上でしたら日焼け対策を冬でもしましょう。

 

美容面で日焼けは百害あって一利なしです。日焼けは肌がダメージを受けている状態です。ですから日焼けはしない方が絶対に良いのです。でも日常生活の中で全く日焼けしないように生きようとすると、室外からでられないという事になります。そんな生活は精神的によくありません。日本人のような黄色人種は白人と比べて太陽光線に強いと言われています。

ここで少し話は逸れますが、ニコール・キッドマンという女優さんをご存知ですか?彼女は女優なので役柄によって顔つきや髪形に体型、時には髪の色まですっきりと変えます。いえ、女優さんでなくても髪の色は変えますよね。彼女はブロンドに透き通るような白い肌、というイメージがありますが。。。でも元々の髪の色は実は赤毛です。赤い毛の色をブロンドに変えていることが多いのです。彼女のように生まれつき透き通るような白い肌+赤毛の方は太陽光線が肌にもたらすダメージが日本人の何倍も強いそうです。透き通るような美しい肌はほれぼれしますが、でもその反面、実は皮膚がんにもなりやすいのです。そういう人たちは徹底的に日焼けしないようにします。ニコール・キッドマンも屋外でロケがある時は徹底的に日焼け対策をするそうです。

 

ニコール・キッドマンのような体質でなくても、やはり日焼けは肌に良くありません。それも20代からはしっかりと日焼け対策をするようにしましょう。皮膚がんにような怖い病気を防ぐことも必要ですし、そうでなくてもシミやソバカスなど増やさないようにするためにしっかりと日焼け対策をすることは一生美肌でいられる良い習慣です。日焼けをすることは肌を老いさせます。紫外線を浴び続けることは本当に肌には良くないのです。日焼けを繰り返している人の肌はシワが多く、老いたイメージを与えます。これは科学的にも証明されている事なのです。

 

日に焼けた肌がかっこいいのはもう昔の事。これからの時代を生きる私達はむやみに日に焼けないように、日焼け対策を日常的にしなければいけないのです!

脱毛と美肌

みなさんは、脱毛をすると美肌になるという噂を聞いたことがありませんか?

実は、脱毛をすると美肌になるという噂は、本当なのです!ここでは、脱毛がどうして美肌に結びつくのか、ご紹介しています。

 

<なんで脱毛で美肌になるの?>

まず、脱毛なら何でも美肌になるのではないのですが…、「光脱毛」「レーザー脱毛」「IPL脱毛」といわれる、光やレーザーを使用している脱毛方法では、美肌になるといわれ、さらに効果も確認されています。

 

・IPL脱毛って何?

IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトという特殊な光で脱毛をしていく方法で、メラニン色素に反応するため、無駄毛を毛根部分から破壊し、半永久的に脱毛できるといわれています。複数の波長をもつ光を混ぜているため、やけどなどの心配が少ないといわれています。また、痛みはレーザー脱毛よりも弱い、痛みをほとんど感じないということが一般的です。

 

・レーザー脱毛って何?

単一の波長をつかい、集中的に狙った部分に熱を集めて、毛根を処理していく脱毛施術がレーザー脱毛です。レーザー脱毛の場合、エステサロンなどで行われる「レーザー脱毛」と、美容皮膚科などで行われる「医療レーザー脱毛」ではレーザーの強さが違い、医療レーザー脱毛の場合は「永久脱毛」ということができるのに対し、エステサロンなどで行うレーザー脱毛の場合は、永久脱毛ということができません。また、医療レーザー脱毛は、医療関係者が行わないとならないといった、やけどなどを防止するための厳しい規則があります。

 

・なんで美肌になるの?

IPL脱毛など、光を利用している脱毛の場合、可視光線が脱毛をしている周辺のお肌を活性化し、キメが細かくなり、毛穴も引き締まるといった効果が期待できます。レーザー脱毛も同様に、毛穴引き締め効果があるため、すべすべしたお肌に変わることができ、さらにお肌の中のコラーゲンを作り出す細胞を活性化させる作用があるので、お肌にハリが出るといわれています。

 

全身永久脱毛

体型を整える

ダイエットをするのであれば、変に痩せるのではなく、体型を整えることを意識したいものですね。体型というのは、痩せ型、中背中肉、肥満体型、背の高い低いいろいろありますが、ここでは最大限に自分の魅力を発揮できる体型を出すためにどうすればよいのか、についてご紹介しています。

 

<姿勢を正す>

体型を整えるためには、まずは姿勢を正す必要があります。背筋をピンと伸ばすと、胸はあるべき位置に上がり、お腹も引っ込み、体の曲線がキレイに強調されるのではないでしょうか。姿勢を正すだけで、ダイエットにつながることもわかっていますし、自分で姿勢を正すのにやや自信がない方は、整体などに通ってみましょう。

 

<体のリンパを流す>

姿勢を正すだけでなく、体型を理想体型に整えるのであればリンパの流れを利用して体をスッキリさせることが大切です。そう、体のむくみは、ぽっちゃり見えてしまう的ともいえるんですね。リンパマッサージのやり方を教えてくれるサロンなどもチェックし、できれば自分でリンパマッサージができるようになるとよいですね。リンパの流れが改善されて、むくみが解消されると、すっきりとした体型になる方も多いものです。

 

<運動は必須>

身体の姿勢を保つためにも、また健康面でもダイエット面でも、運動は必須です。筋肉をつけることで、ただ痩せているだけの体ではなく、魅力的な体型に変わることができるのです。細いところは細く、出ているところは出ている。芯の通っている体型!理想体型に近づけるためには、日々の努力が欠かせないのですね。

 

<体型補正下着>

さらに金銭に余裕があるのであれば、体型を補正してくれる効果のある下着を着用してみましょう。背筋を伸ばすお手伝いをしてくれたり、体の部位があるべき位置に戻るだけで、素敵な体型に見えてくるものなのです。口コミなどもチェックし、自分が納得できる補正下着を探してみましょう!最近では低価格でコストパフォーマンスに優れている補正下着も発売されていたりしますしね。

 

おしゃれな人は自分に厳しい

オシャレな人って、いつも素敵なものを持っているし、ミニマルで生活感がないといった感じがするのではないでしょうか?それにはかなりの金額を使っているんだろうな~、などと思っているかもしれません。ところが、お洒落な人も普通の方と衣服に支払う費用はあまり変わらなかったりするのです!ここでは、「オシャレな人が自分に厳しいワケ」をご紹介しています。

 

<オシャレな人が自分に厳しいといわれる理由>

○オシャレをしたいからこそ食べ物にはストイック

オシャレをするには、余計なお肉が体についているとNGですよね。どんな素敵な服も体が入らなくては意味がありませんし、入ってもお肉でぴちぴちではおしゃれじゃなくなってしまいます。だからこそ、お洒落な人は徹底して食生活に気を配っている方も多いものです。さらにオシャレな人は、有機野菜、ベジタリアン、など、普通の人よりもさらにストイックな食生活を送られている方も多いものです。確かに、お洒落な人は食生活に気を使っているからか、髪はつやつや、お肌はつるつる、さらにスリムといった女性にとってはうらやましくなってしまうスタイルの方も多いのが事実です。

 

○オシャレな人ほど持っている服の数は少ない?

オシャレな人は、さぞかし山ほどの服を持っていることだろうと思われる方もいらっしゃるかと思います。セレブでなければ、そんなことはないのです。実はオシャレな人ほど、ストイックに身に着けるもの、服からバッグから靴まで厳選していたりするのですね。そのせいで、良いものを大切に、といった心がけがあったりするのです。旬のブランド物を持っていたら、それはほかに細々としたファッションアイテムやバッグ、別にあまり気に行っていないのにセールだからと買ってしまうといった出費がないから。一般の人も、あまり気に行っていないもの、何となく買ったものを全部買わなかったことにすると、ブランドバッグ1個分くらいにはなったりするのですよね。

 

この二つが、お洒落な人が自分に厳しいといわれるワケといえるでしょう!